ムリナク | ゆるーく豊かに暮らすWebマガジン

「ムリなく、ゆるーく豊かに」をテーマに愛用するコスパ最強アイテムや生活お役立ち情報を発信してます

【迷惑メール図鑑】国税庁を装ったフィッシングメール「税務署からの【未払い税金のお知らせ】」

どうもムリナクです。

2022年8月~9月にかけて国税庁を装ったフィッシングメールがやたらと届くようになりました。

よっぽど大量に配信されているのかフジテレビのめざましテレビ(2022/09/22放送回)でも取り上げられていました。

官公庁を装うのはマジいかんすよ、フツーにビビる。

というわけで以下、実際に届いたメールの本文や件名などを画像付きで共有します。

迷惑メール図鑑:国税庁を装った「税務署からの【未払い税金のお知らせ】」フィッシングメール

件名のバリエーションは3種類ほど確認。送信元の名前は2種類

ニセ国税庁フィッシングメールの件名。3種類ほどバリエーションが確認できました。

ムリナクのヤフメ受信ボックスを過去1ヶ月分くらい遡ったところ、

ニセ国税庁フィッシングメールの件名は

・国税庁【2022納税通知書】

・税務署からの【未払い税金のお知らせ】

・税務署からのお知らせ【未払い税金のお知らせ】

の3種類が確認できました。

あの手この手で創意工夫を凝らしているようです(その意欲を真っ当な仕事に使えぃ!!w)

 

また、送信元の名前は「国税庁」または「e-Tax」の2種類を確認しました。

シンプルなのが逆にそれっぽくてビビりますね。

 

本文は基本テンプレありそう(2022/09時点)

ニセ国税庁メールの本文

件名や送信元の名前はバリエーションが数種類ありましたが、ムリナクに届いたニセメールの本文は基本的に1種類。

 


(本文サンプル)

 e-Taxをご利用いただきありがとうございます。

あなたの所得稅(または延滞金)法律により計算した客勛について、これまで自主的に納付されるよう催促してきましたが、まだ納付されておりません。

もし最終期限までに 納付がないときは、税法のきめるところにより、不動産、自動車などの登記登録財産や給料、売掛金などの值権などの差押処分に着手致します。

納稅確認番号:****3056

滯納金合計:50000円

納付期限: 2022/9/19

最終期限: 2022/9/19 (支払期日の延長不可)

(ここまで)


 

滞納金の金額とか納税確認番号は少し変えてるパターンがありますがそのほかは基本となるテンプレがありそう。

あと「税」が「稅」になってたり「滞」が「滯」になってたり使用する漢字が間違ってる部分がありました。

てか客勛ってなんじゃいw

 

送信元として記載されてるアドレスやドメインは様々(2022/09時点)

送信元として記載されているアドレスや認証情報内に記載のドメインは統一されておらずメールによって様々。

とくに「国税庁っぽいアドレスにして受信者をビビらしてやらぁ!」みたいな熱意は感じられません。

 

受信頻度は1日1通程度とそれほど多くないが迷惑メールフィルタをすり抜けて受信ボックスまで届いてくるのが厄介

ニセ国税庁メールの受信頻度は1日1通程度

ムリナクの受信ボックスではニセ国税庁メールの受信頻度はそれほど多くなく、1日1通程度(2通届く日もあれば1通も届かない日もある)。

まとめて消去する際の手間は比較的少なめ。

ただ迷惑メールフィルターをすり抜けてしまって普通の受信ボックスに紛れ込んでしまっている分、目に入る機会が多いので厄介です。

 

まとめ

◆今日のまとめ!◆
  • 2022年8月頃から国税庁を装ったフィッシングメールが増えてきてダルすぎ
  • 件名や送信元の情報はちょこちょこ変わる
  • 本文はほぼ同じテンプレが使われている。一部漢字がおかしいところもある
  • 受信頻度は1日1通程度と多くはないが迷惑メールフィルタをすり抜けて普通の受信ボックスに届くことも多いから厄介

 

内容的に明らかに迷惑メールだと判断できても「国税庁」みたいなパワーワードが件名/本文に入っているとやっぱビビっちゃいますな~

とりあえず変なメールは無視しましょうね~

 

というわけで今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。

ムリナクでした。