ムリナク | ゆるーく豊かに暮らすWebマガジン

コスパ最強なモノやサービス、生活お役立ち情報を発信しています。

【半年使用レビュー】「EarFun Air Pro」1万円以下でノイキャン外音取り込み全部入りワイヤレスイヤホンのコスパ最強ぶりと数少ないデメリットを正直にお伝えしたい

f:id:murinaku:20210722085535j:plain

どうもムリナク(@murinakublog)です。

 

今回は

ムリナクが2021年3月から約半年間メインで愛用しているワイヤレスイヤホン

「EarFun Air Pro」

のご紹介です。

 

ノイズキャンセリング外音取り込みといった機能を備えながら

価格は1万円を切るというコスパ最強っぷりで

発売当初かなりガジェット好きの間では話題となりました。

 

結論、「EarFun Air Pro」は

質感・音質・機能面すべてにおいてお値段以上の水準をたたき出すコスパ最強ガジェット

だと感じています。

 

長期使用していてちょっとだけ気になった部分も少しだけですがありましたので、

・買って良かったポイント

・ちょっと気になったポイント

を詳しくレビューしていきます。

購入を検討中の方の参考になりましたら幸いです。

それではさっそくいってみましょーヽ(^o^)丿

   

【画像あり】 「EarFun Air Pro」基本情報(外観・付属品・スペック)

◆「EarFun Air Pro」主なスペック・仕様◆
  • Bluetooth 5.0、コーデックAAC / SBC
  • イヤホンの重さは約12g
  • アクティブノイズキャンセリング、外音取り込み機能を搭載
  • 10mmのダイナミックドライバー
  • 最大32時間再生可能
  • 6つのマイク搭載
  • コネクターはUSB Type C

 

Amazon.co.jp:EarFun Air Pro ハイブリッド式ノイズキャンセリング ワイヤレスイヤホン 重低音 10mm大口径ドライバー 外音取り込みモード Bluetooth 5.0 32時間再生 タップコントロール IPX5防水 USB-C充電 L/R片耳対応【6マイク通話テクノロジー / PSE認証済み】 ハンズフリー通話 音声アシスト機能 自動ペアリング (ブラック)

 

外観(開封)画像

f:id:murinaku:20210722085532j:plain

f:id:murinaku:20210722085525j:plain

EarFun Air Proの外箱。側面がマグネット式になってる質感の高い箱です

付属品(本体、イヤーピース、充電ケーブル、取説)

f:id:murinaku:20210722085545j:plain
f:id:murinaku:20210722085518j:plain
f:id:murinaku:20210722085538j:plain
f:id:murinaku:20210722085552j:plain
EarFun Air Pro本体と付属品の開封時画像。ケースの質感も良い感じ。

最初に「ちょっとだけ気になったポイント(デメリット)」まとめ

◆「EarFun Air Pro」ちょっとだけ気になった3つのポイント◆
  • イヤホン単体で音量調整不可
  • TP-Link Bluetooth USBアダプタ(Bluetooth Ver.4.0機器)装着のWindowsノートパソコンとの接続がたまに不安定
  • イヤーピース上の丸い部分がややデカい(ただし思ったより装着感は悪くない)

 

ノートPCとのBluetooth接続

についてもう少し詳しく。

PC側がVer.4.0ということもあるかもしれませんが

接続後に音声を再生しないまま一定時間経過すると

 ・片耳からしか音声が流れない

・音声が再生されない

・BluetoothのON/OFFをしてつなぎ直しても音が鳴らない(デバイス再登録などが必要)

といった症状が出ることがあります(1日5~7時間程度PC使用して約1回発生する程度)。

 

症状が出た場合

一旦PC側のBluetooth ON/OFF切替→再接続で解消しないか試して

ダメだったら

イヤホンをケースに収納して設定ボタンを長押し→繋ぎ直し(またはデバイス再登録)

すぐに改善可能です。

 

それから

イヤーピース上部分(丸いとこ)の形状については

思った以上にデカくて最初は驚きましたが

装着してみると意外とフィット感が良いです。

耳穴に合ったサイズのイヤーピースを着ければ頭を振ってもズレ落ちにくいですし

個人的には毎日つけてもストレスを感じることはありません。

f:id:murinaku:20210722085548j:plain

「EarFun Air Pro」本体。うどん部分と同じくらい丸い玉部分がデカいです

 買って良かった主なポイント①低音も程よく効いた価格の割に解像度の高い音質

そこまで音質にこだわりがあるタイプではないムリナクでも、

音楽をちょっと聴いただけで

以前使っていたタオトロニクスのサウンドリバティ53(普段使いするのに十分な音質の格安イヤホン)より

明らかな音質の良さ(低音の深さ、音の解像度の高さ)

を感じられました。

 

サウンドリバティ53の実勢価格に2-3千円足せば買えるイヤホンであることを考えれば価格差以上の音質を手に入れられたと感じています。コスパ良き。

 

買って良かった主なポイント②日常的に活用できるレベルの「外音取り込み機能」

外音取り込み機能とは

音楽や動画コンテンツの音声とともにイヤホンのマイクで拾った周囲の音を聴かせてくれる

というもの。

EarFun Air Proの外音取り込み機能はちゃんと日常的に活用できるレベルでした。

流石に大きなボリュームで音楽再生すると外音が聞こえませんが

うまく調整すれば音楽流しながらイヤホン装着したままで会話や危険察知が可能です。

 

買って良かった主なポイント③ハンズフリー通話品質がちゃんと使えるレベル

個人的に今回もっとも驚きだったのが

ハンズフリー通話品質の高さ

です。

 

そもそも完全ワイヤレスイヤホンは人の口とマイクの距離が物理的に離れてしまうため

ハンズフリー通話品質は上位モデルでも低くなりがち

ですが

EarFun Air Proは

6マイク搭載なだけあって、

お店の予約とか関係者との短い連絡では非常にクリアな音質でコミュニケーションをとることができました。

※通話相手にEarFun Air Proを使用してもらいムリナクが受け手になった場合の音声チェックも懸賞済。非常にクリアな音質で通話可能なことを確認しております。

 

ただし

30分とか1時間以上の連続通話はさすがに厳しい印象です。

友人と長電話する際にテスト使用したところ

「音質は言われなければ完全ワイヤレスイヤホンだと気づかないレベルでクリア」

だとお墨付きを貰ったものの

30分で何度か「今なんて言った?」と聞き返される場面があり

結局その後は長電話には有線タイプのイヤホン(EarPodsかbeatsX)を使用してます。

 

その他「買って良かった」と感じたポイント

・バッテリー持ちが良い(半年使用しても週1充電で済んでます ※週6-7日、1日4-5時間使用

・ケースのサイズ感が大きすぎずボディバッグに入れてもかさ張らない、手に馴染む丸みを帯びた形状も良き

・タップコントロール(曲送り/戻り、モード切替など)の感度良し

 

まとめ

◆「EarFun Air Pro」半年レビューまとめ◆
  • 質感・音質・機能面すべてにおいてお値段以上の水準をたたき出すコスパ最強ガジェット
  • 低音はもちろん全体的な解像度の高さも感じる音質
  • 外音取り込みやハンズフリー通話も日常的に快適に活用できるレベル
  • 半年使用してもバッテリー持ちは健在
  • イヤホン本体タップで音量調整できないのが少し不便

 

Amazon.co.jp:EarFun Air Pro ハイブリッド式ノイズキャンセリング ワイヤレスイヤホン 重低音 10mm大口径ドライバー 外音取り込みモード Bluetooth 5.0 32時間再生 タップコントロール IPX5防水 USB-C充電 L/R片耳対応【6マイク通話テクノロジー / PSE認証済み】 ハンズフリー通話 音声アシスト機能 自動ペアリング (ブラック)

 

 今回も最後まで読んでくれてありがとー

また次の記事でお会いしましょー

ムリナク(@murinakublog)でしたーヽ(^o^)丿